モンハンワールド

クロス以来か……ダブルクロスは結局やらなかったんだよな。クロスも村下位途中なんだよな……。

 

据え置きモンハン新作が久方ぶりにでたので発売日に買いに行ったら行列だった。ヨドバシめ……。Sofmapまでフラフラいって買ってきた。レイジングループもついでに。

 

シリーズで男女は交互にしていたが、クロス引っ張り出そうと思ったら3DSが電池切れで確認できず。とりあえず男でキャラクリも適当に済ませて開始。

 

いつも迷う武器選択……。気になるのがスラアク、双剣だが結局太刀。

 

ハンターランクはいつもどおり見たいなので村下位終わらせてからオンに行こうかと思いシコシコやってます。

 

色々と変わったところがあるのでそれをポツポツと。

 

エスト受注が固定じゃなくなった所、探索中にキャンプ地で受付嬢がいるのでそこから受注。読み込みはあるのですがそのあたりがスムーズに。クエスト完了後にキャンプに戻ることもできる。食事もキャンプで可能。なんとアイテムボックスまであるといういたせりつくせり。鍛冶もあればと思ったけどそれは無理か。

ゲーム部分の変化として、意外と便利なのが自動合成。薬草を取った際にアオキノコを持っていた場合回復薬にしてくれる。咄嗟にハチミツを回収すればグレートができるということもあるので色々とありがたい。砥石無限かつ枠を使わない素敵。

採取関連も変化が。植物、キノコとかがサクッと採取可能。鉱石も早くなったしピッケルいらず、虫あみもいらない素敵。骨とか剥ぎ取りは従来通り。

狩猟中で変わったのがオトモが回復してくれる。が、自分の回復とかぶるかぶる。設置しているのは良いが速攻版はだいたいかぶる。

スキル系も変わったと思われる。基本的に即発動。重複で効果が上がる仕組み。あとは装備が近接遠距離で違いがなくなったことか。

 

一通りやってみてから色々と感想を書くか。

FF30周年

FFことファイナルファンタジーが今日で30周年ということで適当に連連と。

初FFは実はⅣからです。Ⅲなら友人のところで見たぐらいでした。

そもそもRPG自体が小さい頃全く興味がなくなんか文字がいっぱい出てるなぁぐらいにしか思っておりませんでした。

たまたまⅣを借りる機会があり、ぼちぼちやってクリアしました。まぁ当時RPG全然やったこと無いので難しいこと難しいこと。攻略本片手にやりました。Ⅳに関しては属性が強めだったり魔法がターン制だったりATBだったりかなり四苦八苦しました。ただ、シナリオがかなり感動しました。仲間と出会いと別れ、セシルの成長、カインの裏切り、デモンズウォールのトラウマなどなどドラマティックに展開しあのラストバトルまでの展開が最高に好きです。いいですとも。

それからⅤ以降はリアルタイムに購入してプレイするようになりましたとさ。

Ⅺと14は買ったよ、でも1ヶ月だけプレイして終わりですが。オンラインは面倒。

16は出るのであろうか…。

最終章

ガルパン最終章最速でみてきました。

まごうことなき新作。最高でした。もう数回は見に行く予定です立川でも。

いつもどおりの戦車戦からの開幕。

序盤のあのツカミ部分は場内大爆笑。最高です。もう不安な未来しか見えない。

メインの戦車戦は冬季大会だそうです。同じくトーナメント戦。

その初戦がBC自由連合。リボンの武者とのからみはなしかしら。

ちょいとネタバレになりますが、BC自由連合との試合は次回決着という生殺し且つ予告なしなのでいつなんだ次は・・・。

今シリーズの主題の一つとして世代交代というのがあると思われます。

大洗サイドとしては生徒会のメンツ入替え。この辺がもう知ってるだろの体でプロセスは省略。まぁそのへんは色々と参照してくださいということか。個人的にはもっとらぶらぶ作戦です。でちょいちょい描かれていたのですんなり見れました。

あとは、ダー様が英国行きでまほがドイツ行きで既に言ってる模様。そういう意味で黒森峰はエリカ隊長でのチームとなる。決勝が黒森峰になるのか何処かで敗退してしまうのか気になります。継続は出ないのかな?

 

早く次回の公開日プリーズ

アーマーゾーン

土日で映画を色々とみた。

ハンガー・ゲーム

まぁそれなりに面白かった。前フリが長いのが気になった、そのせいでゲーム自体の描写が結構淡白に。最後は明らかに続編を意識している流れに、まぁ完結まで出ていますが元々原作があり複数構成は決まっていたらしい。

 

バトルロワイヤル

みたことなかったので。それなりに。藤原竜也藤原竜也だった。続編も見られるがまぁいいか。

 

仮面ライダーアマゾンズ

映画ではないがシーズン1、シーズン2をイッキ見。

すごく面白かった。

アマゾンの名がついているが、モチーフを借りたのみで中身は完全オリジナル。

ライダーの見た目と腕輪ぐらいか、アマゾンみたこと無いけど。

とある研究所でアマゾン細胞とやらが開発されそれを培養していたモノが4000体逃げたらしいとの事。それが今回のライダーでもあり怪人でもあるアマゾンと呼ばれる生命体だそうです。その細胞自体が人のタンパク質を吸収するため食人本能があるらしいと。まずその設定に色々と疑問が。なんで食人する生命体を作ったのか、そもそも4000体も作ったのかつけていた腕輪が薬液切れじゃないと場所を特定できないのか。まぁ、兵器としての利用目的なのだろうが制御できていない時点でどうなのかと…。主人公もおなじアマゾンだが他のアマゾンとは違うとのこと。そういう意味で気になるのが成長速度が速いのは結構だが知識等々はどうやって習得できたのだろう…。細かいところはとりあえず気にしない方向で。

とりあえず序盤の悠のウジウジというかモヤモヤとしたところというか好きになれなかった。が、悠自身が様々な人との出会いを経て最終的には自分の道を選んでシーズン2ではそれに基づいて戦い続けているのが見受けられたので非常にいい主人公ではないかと。

もう一人の主人公の鷹山仁。人でありながら自らアマゾンになった。理由は単純で自分で生み出したアマゾン細胞を絶滅させるため。個人的に一番好きなキャラクターでもある。何が好きかといえばすべてのアマゾンを殺すという信念を終始貫き通している。それは少しも狂わず、自らも滅ぼすべく対象としているぐらい。シーズン2ではある意味その信念に対する宿命でもある問題に対してもぶれずに貫き通す所に泣けてくる。ライダーとしてもアルファの方がかっこいいというのもあるが。

駆除班の面々も良いキャラクター揃い。シーズン1で悠が成長する要因にもなっている。

その他で言えば加納さん。最初は嫌味で潔癖症で嫌われ役かと思いきや、自分の職務を忠実に且つ確実にこなし、絶対的な忠誠心を持つ漢であった。シーズン2のあのシーンは流石に泣きました。

シーズン2に関してはシーズン1から連続してみたので前知識なしでみたので序盤の展開はなかなか驚いた。主人公変わるのか。

千翼についてはなんともかんとも。

字幕はとても大事

ドラクエ積んでます。

2BROでみたShadow of Warを購入。

まだ前半ぐらいか、指輪物語の前日談らしいとのこと。

ということは、サウロン倒せないじゃないですかー。それは置いといてなかなか楽しいゲームとなっています。

しかしまだ軍隊を作るところまで行っていないので制圧戦みたいなのはまだやれていないのでとりあえず感想は後ほど

しかし、字幕無いとキャラの名前が全然覚えられない。

ようやく

久方ぶりに更新。

スマホゲーのネタでもチラホラと。

白猫

3周年なのでちまちまと復帰してみた。

記念イベキャラの闇の王子と光の王アイリスをなんとかゲット。ようやく時代の波に乗れそうです。ずっと茶熊ツキミで耐えしのいでいました。

キャラランキングで一位のキャラ持っているの初めてかも。いつまで保持し続けるのかが不安ですが。

闇の王子の方はすんなり落ちてきたんですが、アイリスのほうが苦節11連15回目にしてようやく落ちてきました。島掘りまくりでした。凱旋ガチャの方はてんで回せてませんが。毎日無料の方も虹のあれを回収しまくるだけでした。

 

次回イベとしてシェアハウスの第2弾。ツキミとレインとオス何とかさん。

追記:オスクロルさんメガネ装備じゃないですか。頑張るしか無いのか・・・。

シェアハウス1の方は結構めんどくさかったのでアルバイトとかサクッと周回できそうな内容でお願いしたい。

 

FGO

福袋アラフィフで重複。